気候| 国際開発協会(IDA)
Skip to main content

主な実績

  • エチオピアの「国家電化計画」では、家庭や学校、地域の保健センターなどを対象とした「ラストワンマイルサービスの提供」に重点を置き、すべての人が確実かつ安価にアクセスできることを目指しています。 世界銀行は現在、3億7500万ドルのIDAクレジットを通じて国家計画を支援しており 、これにより100万世帯への電力供給を実現し、オフグリッド電化のための新しいアプローチを試験的に行っています。2019年3月、エチオピアは計画の更新版(NEP 2.0)を発表しました。この計画には、2025年までにユニバーサルアクセスを実現するための、オフグリッド技術とグリッド接続の統合に関する詳細なフレームワークが含まれています。
  • セネガルのダカールでは、パートナー企業と協力して、1日30万人の乗客を運ぶことを目的とした新しい交通システムの開発を支援しています。 ダカール・バス高速輸送(BRT)試験プロジェクトでは、公共交通機関による移動環境を改善し、ラッシュアワーにおける平均車内移動時間を半減させます。セネガルのNDCでは、輸送に伴う二酸化炭素排出量を削減するために、BRTが中心的役割を果たすとしています。
  • バングラデシュでは、NDCサポートファシリティが同国の内陸水路輸送部門の開発を支援しています。 バングラデシュでは、ダッカ-チッタゴン間の貨物輸送の一部を内陸水路に移行する試験活動を行っています。これにより、排出量の削減、サプライヤーの取引コストの削減、貨物輸送の信頼性と効率の向上が期待できます。
  • 小島嶼開発途上国は、その大きさと位置から、気候変動の影響を受けやすくなっています。気候変動への対応力を高めるために、世界銀行ではこれらの国の多くで、適応策に重点を置いた運輸部門への支援を大幅に拡大しています。例えば、太平洋気候変動耐性輸送プログラムは、現在、サモア、トンガ、ツバル、バヌアツで実施されており、第2フェーズではさらに多くの国が参加することが期待されています。
  • 西アフリカ農業生産性プログラム(WAAP)は、13カ国と複数のパートナーが参加する地域プログラムで、米、バナナ、トウモロコシなどの主食作物の、気候に適した品種の開発を支援しています。西アフリカの協同組合や改良普及員との連携により、気候変動に強い作物品種を含む233種類の改良技術、ポストハーベストや食品加工技術などの気候変動に強い技術を農家に提供し、また、堆肥化やアグロフォレストリーなどの気候変動に耐性のある方法に関するトレーニングを行いました。農家はまた、効率的な水利システムなどの技術も得ることができました。 2019年7月時点で、このプロジェクトは960万人以上の人々と760万ヘクタール以上の土地の生産性、回復力、持続性の向上を直接的に支援しています。受益者の収量と収入が平均で約30%増加し、地域の約5,000万人の食料安全保障が改善されました。
tabOn selection, change the data

主な実績

  • エチオピアの「国家電化計画」では、家庭や学校、地域の保健センターなどを対象とした「ラストワンマイルサービスの提供」に重点を置き、すべての人が確実かつ安価にアクセスできることを目指しています。 世界銀行は現在、3億7500万ドルのIDAクレジットを通じて国家計画を支援しており 、これにより100万世帯への電力供給を実現し、オフグリッド電化のための新しいアプローチを試験的に行っています。2019年3月、エチオピアは計画の更新版(NEP 2.0)を発表しました。この計画には、2025年までにユニバーサルアクセスを実現するための、オフグリッド技術とグリッド接続の統合に関する詳細なフレームワークが含まれています。
  • セネガルのダカールでは、パートナー企業と協力して、1日30万人の乗客を運ぶことを目的とした新しい交通システムの開発を支援しています。 ダカール・バス高速輸送(BRT)試験プロジェクトでは、公共交通機関による移動環境を改善し、ラッシュアワーにおける平均車内移動時間を半減させます。セネガルのNDCでは、輸送に伴う二酸化炭素排出量を削減するために、BRTが中心的役割を果たすとしています。
  • バングラデシュでは、NDCサポートファシリティが同国の内陸水路輸送部門の開発を支援しています。 バングラデシュでは、ダッカ-チッタゴン間の貨物輸送の一部を内陸水路に移行する試験活動を行っています。これにより、排出量の削減、サプライヤーの取引コストの削減、貨物輸送の信頼性と効率の向上が期待できます。
  • 小島嶼開発途上国は、その大きさと位置から、気候変動の影響を受けやすくなっています。気候変動への対応力を高めるために、世界銀行ではこれらの国の多くで、適応策に重点を置いた運輸部門への支援を大幅に拡大しています。例えば、太平洋気候変動耐性輸送プログラムは、現在、サモア、トンガ、ツバル、バヌアツで実施されており、第2フェーズではさらに多くの国が参加することが期待されています。
  • 西アフリカ農業生産性プログラム(WAAP)は、13カ国と複数のパートナーが参加する地域プログラムで、米、バナナ、トウモロコシなどの主食作物の、気候に適した品種の開発を支援しています。西アフリカの協同組合や改良普及員との連携により、気候変動に強い作物品種を含む233種類の改良技術、ポストハーベストや食品加工技術などの気候変動に強い技術を農家に提供し、また、堆肥化やアグロフォレストリーなどの気候変動に耐性のある方法に関するトレーニングを行いました。農家はまた、効率的な水利システムなどの技術も得ることができました。 2019年7月時点で、このプロジェクトは960万人以上の人々と760万ヘクタール以上の土地の生産性、回復力、持続性の向上を直接的に支援しています。受益者の収量と収入が平均で約30%増加し、地域の約5,000万人の食料安全保障が改善されました。
The World Bank

IDAの成果

世界銀行の最貧国向け基金であるIDAは、最大規模の援助資金を提供しており、保健、教育、インフラ、農業、経済開発、組織・制度の構築を支援しています。

成果測定システム